バターコーヒダイエット3日目~4日目

仕事は順調。お決まりの午前中の倦怠感は感じなかった。だが10時半までにお腹が空いてしまうのは、さすがに問題になりはじめている。バターコーヒーに含まれる酸のせいか、4日目には少々胃が痛んだ。

私はアスプリーに──というか、彼のウェブサイトに掲載されたアドレスに──メールを送ることにした。私の「バレットプルーフ体験」を最適化し、あわよくば胃痛を取りさる方法について、助言を求めるためだ。

回答を待つ間にサイト内の掲示板を見ていたら、愛飲者に人気の書き込みとして、空腹痛への対処法らしきものが見つかった。生卵を加えるのだという。アスプリーも掲示板内でそのように勧めていた。

だが、コーヒーが熱々の場合、卵の黄身に含まれるコレステロールが酸化してしまう恐れがある。それに、タンパク質を加えると一時的な断食状態が中断され、オートファジー(自食作用)の効果が失われてしまう。

だから、卵を加えるのは「タンパク質たっぷりの朝食をとる」と決めた日に延期することにした。そもそも、投稿者の1人が書いていたとおり、熱いコーヒーに生卵を落としたら、かき玉汁になってしまうのではあるまいか?

だがプロテインなら? ……それなら試せそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です